FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
咲-saki-
88904893.jpg
制作:GONZO

美少女麻雀物語咲を見終わった。
ドストライク
普通に面白かった。

~あらすじ~
宮永咲(みやながさき)は高校一年生。奇跡的な麻雀を打ってのける(毎局プラスマイナスゼロで和了(あが)ることができる)美少女。原村和(はらむらのどか)の天才的な打ち方に感化され麻雀部に入部することを決意する。二人の天才美少女が全国大会の頂点を目指す。
(公式サイトより)

この麻雀部には女5人男1人。
登場キャラクターも90%が女。
羨ましすぎる。
しかし男女の恋愛は無く、百合一筋
冗談ではなく数人マジで百合なヤツらがいる。

麻雀部で団体戦全国目指す話。
アニメは2クールで、話はほとんど県予選。
6話から県予選に入り、19話まで続く。
20話からは番外編のような話と個人大会を簡単に3話で行う。

県予選の話は手に汗握る面白さ。
他の3校にも1校ずつドラマがあって、それを見てるとキャラクター一人ずつに愛着が沸いてしまい、
決勝の時には「どの学校にも負けてほしくない」って思ってしまう。
個人的に一番好きな話は鶴賀学園のストーリー。
ステルスモモ、かじゅ、ワハハ
ただの脇役と思っていたキャラがいっきにお気に入りキャラに変わった。

で、実際の麻雀はどうなのかというと、
現実では絶対にありえません
連続ハイテイ、連続リンシャンなどと不可能な技を繰り広げます。
それを嫌がる方も多いかと思いますが、自分は別に癇に障るようなことはありませんでした。
たとえありえなくても技名を叫びながら繰り広げる勝負はバトルアニメを見ている気分で楽しめた。

登場キャラクターがみんな可愛い。
麻雀美少女アニメってセンスがいい。

こっからは残念だったところ。
アニメオリジナル?だった個人大会。
別に大した内容もなく、団体戦に出たキャラ達が団体戦と同じ麻雀をするだけ。
いっきにテンションが下がった。
オリジナルキャラも特徴無い普通のポニテキャラ。

2期を期待しているけど無さそうなこと。
原作がヤングマガジンなのだがまだ7巻までしか出ていない。
しかもこの7巻というのがアニメの最後のほうの内容。
発売したのは昨年の4月。もうすぐ1年たってしまうのだが8巻は未だに出る気配がしない。
とにかく原作のペースが遅い。
しかし全国編はもっと可愛いキャラが出てもっと面白い(はず?)なので楽しみにしています。

あとちょっと麻雀分からないと見ていて面白さが半減するかも。
かという俺も放送当時は麻雀のルールが分からず、1話目でヒロイン達が
「りんしゃんかいほー!」
「な・・・なんだって!」
「ざわ・・ざわ・・」
「バカな!」
などという展開を繰り広げてチンプンカンプン
その後麻雀のルールを覚えたので「そういえば咲ってアニメが・・・」
そんな気分で見始めた結果どっぷりハマってしまった。



EDもすばらしい。
デフォルメキャラになった咲達が麻雀ソングの中駆け回ってる姿には心が癒されます。

内容:★★★☆☆
絵 :★★★★☆
曲 :★★★☆☆

大好きな作品です。
スポンサーサイト
2011.01.01 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/9-a68fe942
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。