FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
面白い記事があったからちょっとまとめてここに書き留めとく

アニメ化は必ずしもうれしくない!?――作家とメディアミックスの微妙な関係 - Business Media 誠

ここ最近いっきに増えてきた漫画、ライトノベルのアニメ化。
原作の作者にとってはこのメディアミックスは広告効果となり、知名度が上がり原作の売り上げは増えたりメリットはたくさんある。

■ライトノベルがアニメ化しやすい理由
ここ数年のライトノベルの人気はすごい。
禁書目録シリーズは発行部数1000万部を超えてるし、
迷い猫オーバーランだって200万部を超えた。

1990年代までは年40~80本作られれば多かったアニメ作品も今では年150本ほど作られている。
放映権料の安い深夜枠を狙って大量の作品がアニメ化されるようになった。

そうすると発生する問題は原作不足。ちょっと人気が出た作品はすぐアニメになっていき、しかもひとつの作品寿命が非常に短くなっていく結果、ひとつの作品を大切に伸ばしていこうというものはどうしても薄れていく。ガンダムやエヴァのように「誰もが見ている」という作品が極端に減少。
1980年代はひとつの作品が4クール(1年)やっているのが大半だったが。1990年代からは1~2クール。2000年代に入るとほとんどが1クールで終わってしまうようになっている。
そうすると1年に4本の作品が必要になる。その結果ストックのために人気のある作品にすぐアニメ化の声がかかるようになる。

作品の人気がでる→アニメ化→3ヶ月で終わり次の作品
このように新しいコンテンツを供給し続けないと今のメディアミックスという形を維持できない。

そこでこのライトノベル。
内容量からしてライトノベルは漫画と比べてアニメ化するのに必要な単行本数が少なくてすむ。
4巻出すのに最低1年かかる週間連載の漫画はその1年間に10キャラクターも出したらパンクするような内容になりがち。一方、ライトノベルは1巻で10キャラクター出すことも可能。
もし年4巻程度かく作者で考えたら1年で漫画10巻分くらいのキャラを出すことができる。
そういう意味でメディアミックスとして扱いやすいライトノベルは人気がでるとすぐにアニメ化の声がかかるという現状が起こっている。


■アニメの不出来=原作の不出来

ライトノベル作家としてはこのアニメ化ブームは嬉しい。
「作品の人気が出れば、アニメになるだろう」と思いながら書いている事実はあると思う。
しかし、いざ作品の人気が出るとみんな思うのが、
「アニメがこけたら、僕の小説も絶対こける。どうしよう、本当にいいアニメにしてもらえるのかな」ということ。
一方、ライトノベル作家を目指している人たちは「どういう作品を書いたらアニメになるだろう」と考えながら書く人が増えるという逆転現象も起こっている。

そこでアニメが失敗
そうすると視聴者たちは「原作がダメだったから売れなかった」という話になりやすい。

作者は小説の内容の出来不出来については自分で責任を負えますが、アニメの出来不出来については責任を負えない。
責任を負えないのに「アニメの不出来=原作の不出来」となるので、アニメの完成度は作家の死活問題にもなりうる。

漫画家の場合今、アニメ化の話が来ても首を縦に振らない人が増えている。
人気がある作品もアニメがこけたことで何となく終わった感が作られてしまい、販売部数が減ってしまう危険性がある、または自分の意に沿わないアニメ化により嫌な気分が発生し、モチベーションが下がるのが怖いということで、自分の作品のアニメ化についてシビアに考えるようになっている印象がある。

Business Media 誠 引用
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1012/31/news001.html


業界はもう少しアニメ化を慎重にやるべき。
生徒会の一存だってあのアニメの失敗からの原作の衰退はすごいし、迷い猫オーバーランのアニメもネットなどでの批判がすごい。あのアニメ化のせいで迷い猫ブームはいっきに去っていった。

確かにけいおん!とかみたいに成功した例もあるが
漫画、ライトノベルの原作ストックが溜まる前にアニメ化するのはよくない。
原作の人気が上がっているときにアニメ化するんじゃなくて、いったん落ち着いてからアニメ化をもう一度考えるんだ。
電波女青春男、緋弾のアリア、IS、まよチキ
アニメ化して平気なのだろうか。
俺妹、えむえむっもアニメ化してよかったのだろうか
アニメ化決定した「Aチャンネル」まだ原作は1巻しか出てない。
はたして大丈夫なのだろうか。
Aチャンネル
スポンサーサイト
2011.01.01 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/7-1b7ce19c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。