上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
COVER.jpg

アメコミタッチのヒローアニメ「TIGER&BUNNY」。
ヒーロー達がスポンサーロゴを身につけ戦うという、面白い世界のお話。
最初アニメ放送決定と聞いたときは、HEROMANなどと同じ時間帯のアニメかと思い込んでいたら、なんと深夜帯放送・・・
どうせつまらないだろうと、1話切りするつもり満々で視聴してみました。
感想は「不思議なアニメ」です。
ヒーローもので、バトルシーンもあり、カッコいいのです。
しかし、なぜか見ていると肩の力が抜けて、日常ものアニメを見ているときのような気分になれる。
ストーリー性のあるアニメを見た後に見ると、まるでデザートのように心を落ち着かせてくれます。
何も考えずに誰でも簡単に入り込める世界観に、絶妙なタイミングで時折入るギャグ。
このアニメは今期の「Aチャンネル」や「日常」よりもユルい日常アニメかもしれないです。非日常な話ですけど。

そしていい味だしているのが、このOP「オリオンをなぞる」。
ヒーローものなのですが、全く熱血ソングではなく爽やかな一曲です。
心地よいスピード感あるロックの中で、いい感じに浮いているキーボードの音が夏らしい清清しい音を作り出しています。
どうやら「UNISON SQUARE GARDEN」、キーボードを使用した楽曲はこの「オリオンをなぞる」が初めてらしいです。
このCDに収録されているほかのカップリングはキーボードを使っている曲はなく、唯一キーボードを使っている「オリオンをなぞる」が他の曲と比べてアニソン、ポップ感があります。
彼らの過去の楽曲は聴いたことがないのですが、カップリングを聞く限り、初キーボードの挑戦は大成功だと思います。

力強いのですが、暑苦しくないサビ。
少し幼い感じもする甘い声のボーカルに合わさるキーボードがすばらしい。
キーボードが無ければ、この爽やかなポップさが無くなり、ただのメロディーが良いよくあるロックになっていたと思う。

オリオンをなぞる こんな深い夜
つながりたい 離されたい つまり半信半疑あっちこっち
新未来を願う 空前絶後の
言葉がもし、もし紡げるなら 時間が止まるよ
「ココデオワルハズガナイノニ」

優しい声で歌われるこのサビは一度聞いたら、忘れないでしょう。
もういつでもどこでも、口ずさんでしまいます。
少しアクセントのある「つまり半信半疑あっちこち」が耳に残って離れません。

曲のスピード感、ストレートな歌詞には、TIGER&BUNNYに出てくるワイルドタイガーのような、思いっきり全力でぶつかるカッコよさがあります。

作詞作曲はベーシストの田淵智也さん。
LiSAのミニアルバムにも作曲で参加した方です。

爽やか爽快なこのナンバー。
TIGER&BUNNYを見た後の夏の夜に、オリオンでも眺めながら聞くのをオススメします。

評価:★★★★☆ 4.7




スポンサーサイト
2011.05.22 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/69-ef6ab3d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。