上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
81cxqEj6GpL.png

人気少年漫画「デッドマン・ワンダーランド」がついにアニメ化しました。
数少ない今期のバトルアニメですよね。
グロくてダークなバトルアニメは、あまり好きでは無いのですが、熱いバトル成分補給のために毎週楽しみにして見ています。

OPはインターナショナルロックバンド、fadeの歌う「one reason」。
しかしアーティスト名義はDeadman Wonder Bandの略でDWB feat.fade となっています。
fadeとして歌うのでは無く、楽曲提供のようなつもりの曲だから、こういう名前にしたのかもしれません。

さすがインターナショナルロックバンドであって、曲の方は洋楽ロックを意識したものすごくカッコいい音になっています。
作品の世界観に合った、重くダークなハードロックに、激しいエモーショナルな歌声は海外のエモーロックのような雰囲気が伝わってくる曲です。

歌詞も全て英語なんですが、ちゃんと韻も踏んでいて、聞いていて違和感のある英語では無いです。
でも、同じ邦楽バンドならONE OK ROCKのほうが一枚上手かなーと思ってしまう。

CDでフルを聞くと、劣化版洋楽ロックのように聞こえるのですが、アニメのオープニングでは全く印象が変わってくるのです。

最近のバトルアニメに多い、登場キャラ達が技を出して戦いまくる映像とは違い、戦闘シーンが1回も出てきません。
暗い画面の中で血をイメージした赤と黒を使い、激しく次々と映像が変わるという、アメリカ人とかがものすごく好きそうなカッコ良さです。
これがfadeの曲とものすごく合っいて、アニメOPとしては高く評価していいと思います。

バトル満載のデッドマンワンダーランド。
ただの厨二病アニメかと思いきや、この面白い世界観にどんどん引き込まれて行ってしまう。
OPもEDもいいし、ちゃんとアニメ化成功しているいい作品だと思います。

評価:★★★☆ 3.9
スポンサーサイト
2011.05.19 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/68-d9861409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。