FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
81kgO0DAuyL.png

アニ☆ブロで行われたリレーコラムという企画に参加させてもらいました!
こちらのブログでも公開していいという許可をもらったので記事にしました。

日常は1巻の発売時に確か、角川フェアみたいのを本屋で行っていて衝動買いした覚えがあります。

「合う人には合う、合わない人には合わない」ってことで有名な日常。
正直言うと、私はこの作品が大嫌いなんです。
シュールなギャグというのも、ただのこじつけに聞こえます。
面白くないのに、視聴者やメディアが騒ぎ立てる事によって、「面白くないわけがない」と皆思ってしまう。
皆が面白いと言っているのだから、面白いに決まっていると。
どんなにつまらないギャグであっても、脳内で都合良く面白い方向へ変換してしまってるのです。
ある意味、京アニはその天才であって、大成功しているのだと思います。

――というアンチ視点からの喚き。
みんながあまりも日常を押すから、捻くれてみました。
最近流行りのツンデレです。
日常最高!

長い前置きになってしまいました。
作品については他の方々のすばらしいコラムがあるので、私はOPについてちょっと書いてみようと思います。

巷で中毒者続出している、日常OP「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」
作詞、作曲、編曲、歌:ヒャダイン
以前あった文、絵、両方を一人でこなしたラノベ作家を思い出しました。
あの本はツマらなかったですけど。

あきらかに「俺カッコいいだろ」みたいな雰囲気で歌っていてムカツクのですが、何がムカツクって本当にカッコいいところですよ。
全部自分でやってPVではギターソロも自分で弾いているなんて。
しかも合いの手の女声までもが、ピッチを変えたヒャダインの歌声という・・・
あの可愛らしい女声に心を奪われた方は沢山いると思います。

いろんなものを詰め込んだような曲。
曲調がガラリと変わるところなど、彼の作曲した「ももいろクローバー」の楽曲と同じ匂いがします。
いろいろなものが詰め込まれながらも、音楽としては成り立っているところが恐ろしいです。

アニメのOP映像はもう、動く動く。
迫力というか、オーラがすごくて、制作側の力の入れようが伝わってきます。
他のアニメのオープニングにはない、見ていて感じる楽しさがありますよね。

どこかアニメのOPらしくないんです。
まるでアメリカのホームドラマみたいな。
見たことある人はわかると思いますが、アメリカのドラマ「フルハウス」のオープニングがまさにソックリ。
映像のテンポは違いますが、各キャラの特徴がわかるシーンが次々と出てくるところなども。
OPの真ん中あたりで、ドゥバッタッティ~ラって曲調が変わり、「nichijou」ってタイトルが浮かび上がる映像もアメリカのホームドラマを意識してるのでしょう。

ほかにも小ネタがいくつかあったりと、遊び心満載の日常OP。
作品は嫌いでも、オープニングは文句なしです!

~オマケ~
日常のOPにフルハウスの曲を合わせてみたよ
http://tubedubber.com/#Q5Wk1-mlUW4:oz3c4Wyr-uw:0:100:0:0:true
スポンサーサイト
2011.05.04 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/61-54ba7fcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。