上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
81t8QYGb9mL.png


神聖かまってちゃんがアニソンを作る!?
――ということで放送前から話題になり、掴みはバッチリだったと思います。
評判の良し悪しに関わらず、大事なのは話題性なのです。

自分達の独特な世界観を持つ「神聖かまってちゃん」。
アニメ「電波女と青春男」のために楽曲を提供し、ヒロインエリオの声優、大亀あすか
が歌うというコラボ作品。
「エリオをかまってちゃん」という名義でCDを出しました。

神聖かまってちゃんは何がしたいのか分からない謎の雰囲気と個性的なボーカルのせいで
アンチが沸くのはしょうがないと思います。
好きな人は好き、分かる人には分かるバンドという感じ。
自分も「ロックンロールは鳴り止まないっ」「ゆーれいみまん」など最初聞いたときは、ナンダコレとビックリ。
PVなんて嫌悪感すら抱きました。
しかし、そこで理解できないからと止めないで、もう一度聞いてみると神聖かまってちゃんワールドに落ちてしまう。
延々とリピート再生してしまう中毒性。
やけに何かを訴えかけてくる歌詞に耳に残るシンプルなピアノのサウンド。
何がいいのか言葉で説明するのは難しいですが、なぜかたまに聞きたくなってしまいます。

今回の「Os-宇宙人」は楽曲提供という事で、賛否の分かれるあのボーカルでは無く、エリオが歌ってくれるという嬉しい企画。
声優さんの歌声なら普通のロックテイストアニソンができると思ってたのですが・・・
まぁ、実際聞いた方なら分かると思いますが、この曲は全く普通では無く、予想の遥か斜め上を突っ走るインパクト抜群の曲に仕上がってました。
電波ソングと表現していいのか分からないが、不思議なオーラーを放ってます。
エリオの歌声は歌というより、舌足らずの声で喚いてるような。まわりの音楽もギャーギャーと音を撒き散らしているかのような。
だが、この曲も2回聴くと印象が変わるのです。

喚いてるだけのように聞こえるエリオの声も、一生懸命歌詞に秘められたメッセージを伝えようとしているのだと思います。
マイク握り締めて、懸命に歌う姿を想像すると可愛くて可愛くて――
ギャーギャー聞こえる周りの音も2回目からは、一つ一つの楽器が奏でるメロディーが聞こえてくるのです。

エリオに歌わせたことと、アニメの世界観に合った歌詞でしっかりと「アニソン」になっているのですが、
神聖かまってちゃんの自分達の音楽性も変えることなく維持するということは、そう簡単に出来ることではないはずです。
さすがかまってちゃん。

アーティストの楽曲提供と言うのは面白いアイディアだと思う。
どんどんそういう事に挑戦してくれるアーティストが出てきてほしいです。

スポンサーサイト
2011.05.02 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kkkk2.blog17.fc2.com/tb.php/58-64ae524f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。