上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
001l.jpg

つづいてDISK2です!
こちらも引き続き1曲1行でやっていこうと思います!

Track 1. Lady Antebellum “I Run To You”
最近ブレイクしているカントリーバンド。3ピースバンドだが、女性ボーカル&男性ボーカル&ギターという構成。二人の歌声による懐かしいカントリーミュージックが癒してくれます。

Track 2. Bon Jovi “What Do You Got”
ハードロックというイメージがあるボンジョヴィだが、この曲ではアコギ片手に心に響く詞を歌っています。サビがカッコいいです。What do you got, if you ain't got love Whatever you got, it just ain't enough

Track 3. Foo Fighters “My Hero”
私のヒーロー!って歌うロック。ミュージックビデオは家事になった家から人を救助する男性の横でFoo fightersが演奏している映像。今では「不謹慎だ!」って言われて放送できないかもしれないですけど、見るべきだと思う

Track 4. REM “Man On The Moon”
世界で最も重要なロックバンドと称されたこともあるR.E.M。90年代のオルタナティブロックっぽい曲です。man on the moonというフレーズが頭に染みついて離れません。

Track 5. Nicki Minaj “Save Me”
アメリカにいると嫌でも耳に入ってくる、最近絶好調である女ラッパー「nicki minaj」。いっつもビッチとか連呼しまくる彼女だが、この曲は人を泣かせる歌です。

Track 6. Sade “By Your Side”
あなたが寒がっていたら、抱きしめてあげる あなたが落ち込んでいたらそばに行ってあげる。 被災地の方々にかけてあげたい言葉です。

Track 7. Michael Buble “Hold On”
世界でもっとも美しいラブソングだと思う。彼女、奥さんと一緒に聞いたらいいムードになること間違いなし!

Track 8. Justin Bieber “Pray”
邦題は「プレイ~僕の祈り」。アメリカでジャニーズ的な存在で、女性からものすごい人気なビーバー。モテすぎであまり好きではないが、彼の綺麗な歌声は好きです。

Track 9. Adele “Make You Feel My Love”
ボブディランの生み出した名曲。ピアノだけをバックにAdeleの歌声が響きわたります。

Track 10. Enya “If I Could Be Where You Are”
愛しい人がどこかへ行き、「もし私があなたの元へ行けたなら」と歌う曲。被災者のなかにはこういう気分の方は多いでしょう。悲しくなる曲です。

Track 11. Elton John “Don’t Let The Sun Go Down On Me”
僕を捨てないで 男性から女性へ歌う曲ですね。共感できる歌詞がたくさんあります。歌う姿がかっこ良いです。

Track 12. John Mayer “Waiting On The World To Change”
アップテンポなわけでもないけど元気の出る曲です。聞いていると町中をスキップでもしながら散歩したくなる。 格差社会、情報社会であるこの世界が変わるのを待つ。このような考えを持つ人彼だけではないはずです。

Track 13. Queen “Teo Torriate (Let Us Cling Together)”
Teo Torriate 手を取り合って。QUEENがこんな曲歌っていたなんて知りませんでした。「愛する人よ、静かな夜に光を灯し 愛しい教えを抱き」サビは全部日本語で歌います。震災後、ラジオなどで流れたらしいです。聞いていて涙がとまらないです。

Track 14. Kings Of Leon “Use Somebody”
サビがキャッチーで何度も聞いてしまいます。俺が誰かを必要としているの知っているだろう。被災地の方も今、一番誰かを必要としているのだから何か自分にできることがあればしたいです。

Track 15. Sting “Fragile”
ニカラグアの戦闘地帯で死んだ一人の米国人のために書き上げた曲らしいです。まさに曲名どおり「壊れそうな」、消え入りそうな声で歌っています。

Track 16. Leona Lewis “Better In Time”
アメリカでよく流れてました。 あなた無しじゃ生きられない。女性から男性へのラブソングですね。いい声しています。

Track 17. Ne-Yo “One In A Million”
日本でも流行ったNE-YO。カッコいいダンスに黒人男性らしい綺麗な歌声でたくさんのヒットソングを生み出してきました。日本のアニメとか見ていて、ドラゴンボールとか好きらしいですw

Track 18. Shakira “Whenever Wherever”
もっともセクシーなミュージックビデオと言われたシャキーラ。ラテンポップでベリーダンスとかしています。エロいんだけど彼女の歌声とラテンサウンドで壮大さが感じられる。


Track 19. Norah Jones “Sunrise”
最後のシメには2004年にヒットしたSunrise。 シンプルな曲ですが、印象深いいい曲です。静かに sunrise sunriseと歌いだすのが好きです。

これで全曲です。
確かにこれはかなりの豪華アーティストです。
ヒット曲を集めたのではなく、ちゃんとメッセージ性のある曲ばかりです。
世界中で売れているらしく、日本での発売は5/4とのこと。
37曲で1500円というのはかなりお得だと思います。

日本のアーティスト達もチャリティーアルバム出すらしいですよ!

まぁ悲しい時に一番聞くべきなのは元気の出るアニソンですけどね!
苺ましまろのOPとかめちゃくちゃ励まされますよ!

拍手とかコメくれると嬉しいです!
スポンサーサイト
2011.04.05 Top↑
001l.jpg

東日本大震災に見舞われた日本のため、世界のトップ・アーティストたちがレコード会社の枠を超えて集結し、チャリティーアルバムとして制作された「SONGS FOR JAPAN」

2枚組で2000円。
私はまだ募金してないので、このCDを買って貢献しようと思う。

このCDに収録されている曲は名曲ばかりです。
その37曲を1曲1行でオススメして行きたいと思います。
ではDISK1から!

Track 1. John Lennon “Imagine”
  ジョンレノンが「世界を一つにしよう」と歌っています。クサい歌詞ですが、今のような時にこそ聞くべき。

Track 2. U2 “Walk On”
  アイルランドのロックバンドU2による曲。「walk on」歩き続けろ。ツラい時に背中を押してくれるような歌詞です。

Track 3. Bob Dylan “Shelter From The Storm”
  ようするに、嵐からの避難所ってことです。「入っておいで、ここの中は安全だよ」という曲です。

Track 4. Red Hot Chili Peppers “Around The World”
  日本映画「BECK」の主題歌にもなりました。レッチリで一番好きです。ベースラインが最初から最後までカッコよすぎます。

Track 5. Lady Gaga “Born This Way”
日本が大好きだという彼女。今回の震災が起きてからは寄付だけではなく、チャリティーブレスレットを作ったりなどもしています。元気がもらえる1曲。

Track 6. Beyonce “Irreplaceable”
  ビヨンセの代表曲。かなり有名な曲です。日本の歌手にはない歌唱力を持っています。

Track 7. Bruno Mars “Talking To The Moon”
最近人気なBruno Mars。女性ボーカルとはまた違う綺麗がある彼の歌声。彼女のことを思い、つきに話しかけるというロマンチックな曲です。

Track 8. Katy Perry “Firework”
  オペラ歌手のような声量しています。「あなたは花火、火さえつければ輝ける」という前向きな曲です。

Track 9. Rihanna “Only Girl (In The World)”
  Rihannaが最近だした一番新しいアルバムに収録されていた曲です。私だけを~ってことです。良い曲ではあります。

Track 10. Justin Timberlake “Like I Love You”
  キャーイケメェン!イケメンで、ダンスもかっこよくて、女性が好きそうな歌声。なんなんでしょうね。

Track 11. Eminem “Love The Way You Lie”
  世界No.1ラッパーEminemにRihannaがフューチャリング。エミネムのブチ切れラップにリアーナの綺麗なコーラスがお互いをうまく表現しています。

Track 12. Bruce Springsteen “Human Touch”
  ギター一本で「human touch」人の温もりを歌っています。静かな優しい曲です。

Track 13. Josh Groban “Awake”
  美声。たとえ歌詞なんか分からなくても、聞いているだけで泣けてきます。

Track 14. Keith Urban “Better Life”
  フォークソングは元気がもらえていいですよね。聞いていて楽しいです。もっと良い人生に向かって。

Track 15. Black Eyed Peas “One Tribe”
  B.E.Pなら「where is the love」をこのアルバムに入れてほしかった。ノリが良くて聞きやすいですし、歌詞も率直で伝わってきます。俺たちは一つの種族 悪は忘れて一つになろう。

Track 16. Pink “Sober”
  力強いパワフルな歌唱。元気をもらうというよりは、弱気が吹っ飛ぶ感じですね。メソメソしてられなくなります。

Track 17. Cee Lo Green “It’s Ok”
  黒人男性らしいゴスペルのような歌声。大丈夫さぁ~。陽気でいい曲です。

とりあえずこれでDISK1は終わりです。
ではまたDISK2の記事で!
がんばろう日本
2011.04.01 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。