上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ネットやテレビなどで「社会現象」とまで言われ、映画化も決定した「けいおん!」。
CD、DVDの異常な売り上げを記録した「化物語」。
ほかにも音楽面の評価の高かった「Angel Beats!」や、色々と話題の多かった「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、「とある魔術の禁書目録」。前期では「まどか☆マギカ」など。
「覇権アニメ」という言葉を思い浮かぶ最近の作品はこの辺りだろうか。
「覇権アニメ」などと呼ばれるヒット作品の特徴とはなんなのかを考えてみようと思います。
誰でも分かるようなあたりまえの事を書き上げただけなのですが読んでもらえるとうれしいですー

... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.04.05 Top↑
理科の宿題で科学技術に関するレポートを書けという宿題がでたので、ボーカロイドについて調べてみました!

中学生の宿題レベルな内容ですが、興味がわいた方は是非読んでみてください!

... 続きを読む
2011.02.18 Top↑
追記 2/10:アニ☆ブロで大幅に記事書き直しました!
なにをやってもダメなヒロインの魅力!

CLANNADの古河渚、ストライクウィッチーズの宮藤芳佳、そして咲の宮永咲。
最近ではOVAこえでおしごとの柑奈、OVAたまゆらの楓、まどか☆マギカのまどか、あと放課後のプレアデスのスバルとか。

上記のヒロイン達、どこか似てないだろうか。
彼女達共通の特徴は…いや、特徴はない。彼女達には突出した特徴がないのである。そんな彼女達の魅力とはなんなのか。

彼女達は何者?
なにをやらせてもダメで、臆病、騙されやすく、オドオドして、すぐ泣きそう(漏らしそう)になる。中にはアホみたいにポワポワしていて、会話がなかなか噛み合わない者もいる。
しかし決まって彼女らは純粋で、仲間を信じ、自分の信念を曲げない心を持っている。

彼女達はなんというジャンルに入るのだろうか。
天然娘ってのも少し違うし、泣き虫ってのもしっくりこない。
平凡ヒロイン…?
「平凡系ヒロイン」とりあえず今はこれで行こう。

可哀想な平凡系ヒロイン
もしアニメのヒロインが皆、彼女達のような性格をしていたら大変なことになるだろう。
みんなでふらふら歩き回り、ぶつかっては、涙目になりながら「スイマセンスイマセン」と謝り続ける。
その中に男性主人公を一人放り込んでも、事件もバトルも起こらないだろう。

ストーリーを進めるには何かハプニングを起こすようなヒロインが必要なのである。
そのために、この平凡系少女の周りには必ず様々な特徴を持ったサブヒロインで溢れているのである。
平凡少女をいじるいたずら貧乳娘にツッコミのメガネっ娘、少し百合に走ってしまう巨乳娘…etc。
そうすると視聴者達はその魅力的なサブヒロインに目が行き、ファンになる。可哀想な平凡少女は影が薄くなっていくのだ。

私はアニメを見ていると平凡少女が好きになるのだが、やはりロリコンは貧乳娘、ドMはドS娘という具合にコアなファンがたくさん付くサブヒロインに平凡少女は負けてしまうのだ。メインヒロインであるにも関わらず。そして彼女らはただの引き立て役に落ちていくのである。
平凡少女可哀想ヽ(;▽;)ノ

平凡系ヒロインの大勝利!
しかし、なぜか平凡系ヒロインはメインヒロインに起用される。
今月のMegamiマガジンにまどか☆マギカの脚本を手掛けた虚淵玄さんのまどかについてのインタービューより~
「迷って迷って迷い抜くんだけど、最後の最後までブレない部分が一箇所ある。そこがやっぱり主人公なのかなと。結局は状況に振り回されるんだけど、ある一点に関しては「NO」と言い通すというか、譲れないものがある。そこがあるから彼女は主人公でいられるんじゃないかと思いますね」
周りの子と比べられて泣いたり、うまくいかなくて落ち込む。しかし諦めずに頑張る。ダメダメなはずの彼女が見せる真剣な表情。これは一種のギャップ萌えなのかもしれない。

CLANNAD(アニメ)でも岡崎が渚を選ぶ様に、どんなに可愛いサブキャラの面白いサイドストーリーがあっても勇気を出した平凡少女の美しさというのは最後のシメに相応しいのだろう。
もしCLANNADで最終的に岡崎は杏を選んだとしよう。喜ぶファンもたくさんいるだろうが、「智代にしろよ!」とブチ切れる者が出てくるだろう。
しかし平凡少女渚で話を締めると皆、納得するのである。

巨乳好き→貧乳許せん!→平凡…まぁいいか
ロリコン→巨乳なんて邪道!→平凡…まぁいいか
平凡少女大勝利!君こそメインヒロインに相応しい!

平凡系ヒロインの魅力
やはり魅力は彼女達の成長だろう。1話ではダメダメだったのに、終盤では勇気を出したことによって手に入れることのできた何か。感動的じゃなイカ!
少年漫画の主人公の成長を読者が見守るのと同じだろう。ただ違うのは、読者は感情移入する代わりに嫁にする事を夢見るのだが。

なんやかんだで平凡少女というのは周りのキャラ達に愛されているのである。
平凡少女はたくさん失敗もするが、それは全て何かみんなのためにいいことをしようとして行った行動からなのだ。
純粋、一途な心からの失敗。
しかし次こそはと頑張る平凡少女。

ダメな子を見たときの優越感。頼られた時の独占欲。それらも良いものだ。
しかし成長し、最終話になってから思い出す1話のときの彼女。その時に感じられるブワッと胸に込み上げてくる何か。
それこそが平凡系ヒロインの魅力なのではないだろうか。

しかしどうしても平凡少女というのはほかのサブヒロインと比べて、同人誌もエロ画像も少ないのが悔しい…
2011.02.08 Top↑
面白い記事があったからちょっとまとめてここに書き留めとく

アニメ化は必ずしもうれしくない!?――作家とメディアミックスの微妙な関係 - Business Media 誠

ここ最近いっきに増えてきた漫画、ライトノベルのアニメ化。
原作の作者にとってはこのメディアミックスは広告効果となり、知名度が上がり原作の売り上げは増えたりメリットはたくさんある。

■ライトノベルがアニメ化しやすい理由
ここ数年のライトノベルの人気はすごい。
禁書目録シリーズは発行部数1000万部を超えてるし、
迷い猫オーバーランだって200万部を超えた。

1990年代までは年40~80本作られれば多かったアニメ作品も今では年150本ほど作られている。
放映権料の安い深夜枠を狙って大量の作品がアニメ化されるようになった。

そうすると発生する問題は原作不足。ちょっと人気が出た作品はすぐアニメになっていき、しかもひとつの作品寿命が非常に短くなっていく結果、ひとつの作品を大切に伸ばしていこうというものはどうしても薄れていく。ガンダムやエヴァのように「誰もが見ている」という作品が極端に減少。
1980年代はひとつの作品が4クール(1年)やっているのが大半だったが。1990年代からは1~2クール。2000年代に入るとほとんどが1クールで終わってしまうようになっている。
そうすると1年に4本の作品が必要になる。その結果ストックのために人気のある作品にすぐアニメ化の声がかかるようになる。

作品の人気がでる→アニメ化→3ヶ月で終わり次の作品
このように新しいコンテンツを供給し続けないと今のメディアミックスという形を維持できない。

そこでこのライトノベル。
内容量からしてライトノベルは漫画と比べてアニメ化するのに必要な単行本数が少なくてすむ。
4巻出すのに最低1年かかる週間連載の漫画はその1年間に10キャラクターも出したらパンクするような内容になりがち。一方、ライトノベルは1巻で10キャラクター出すことも可能。
もし年4巻程度かく作者で考えたら1年で漫画10巻分くらいのキャラを出すことができる。
そういう意味でメディアミックスとして扱いやすいライトノベルは人気がでるとすぐにアニメ化の声がかかるという現状が起こっている。


■アニメの不出来=原作の不出来

ライトノベル作家としてはこのアニメ化ブームは嬉しい。
「作品の人気が出れば、アニメになるだろう」と思いながら書いている事実はあると思う。
しかし、いざ作品の人気が出るとみんな思うのが、
「アニメがこけたら、僕の小説も絶対こける。どうしよう、本当にいいアニメにしてもらえるのかな」ということ。
一方、ライトノベル作家を目指している人たちは「どういう作品を書いたらアニメになるだろう」と考えながら書く人が増えるという逆転現象も起こっている。

そこでアニメが失敗
そうすると視聴者たちは「原作がダメだったから売れなかった」という話になりやすい。

作者は小説の内容の出来不出来については自分で責任を負えますが、アニメの出来不出来については責任を負えない。
責任を負えないのに「アニメの不出来=原作の不出来」となるので、アニメの完成度は作家の死活問題にもなりうる。

漫画家の場合今、アニメ化の話が来ても首を縦に振らない人が増えている。
人気がある作品もアニメがこけたことで何となく終わった感が作られてしまい、販売部数が減ってしまう危険性がある、または自分の意に沿わないアニメ化により嫌な気分が発生し、モチベーションが下がるのが怖いということで、自分の作品のアニメ化についてシビアに考えるようになっている印象がある。

Business Media 誠 引用
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1012/31/news001.html


業界はもう少しアニメ化を慎重にやるべき。
生徒会の一存だってあのアニメの失敗からの原作の衰退はすごいし、迷い猫オーバーランのアニメもネットなどでの批判がすごい。あのアニメ化のせいで迷い猫ブームはいっきに去っていった。

確かにけいおん!とかみたいに成功した例もあるが
漫画、ライトノベルの原作ストックが溜まる前にアニメ化するのはよくない。
原作の人気が上がっているときにアニメ化するんじゃなくて、いったん落ち着いてからアニメ化をもう一度考えるんだ。
電波女青春男、緋弾のアリア、IS、まよチキ
アニメ化して平気なのだろうか。
俺妹、えむえむっもアニメ化してよかったのだろうか
アニメ化決定した「Aチャンネル」まだ原作は1巻しか出てない。
はたして大丈夫なのだろうか。
Aチャンネル
2011.01.01 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。